海外FXのメリットは?国内FXとの違いをチェック!

海外FXを使って取引するメリットは?国内FXとの違いをチェックしよう!

FXの取引を行うに当たり、海外のブローカーを選択するのか国内のブローカーを選択するのか自由に決められるようになりました。

海外FX⇒海外のブローカーの口座を開設する
国内FX⇒国内のブローカーの口座を開設する

こういった違いがあり、日本に住んでいても海外FXの口座を開設することは可能です。

「海外FX業者で取引するのは違法なのでは・・・」と不安を抱えている方は少なくありません。

しかし、日本の法律の金融商品取引法は日本国内のFX会社にしか適用されず、海外でショッピングをした際に日本の消費税がかからないように現地での法律で規制される特徴があります。

そこで、海外FXを使って取引するメリットや国内FXとの違いについてまとめていますので、どのような違いがあるのか見ていきましょう。

ハイレバレッジでの取引ができる

海外FXで取引する最大のメリットは、ハイレバレッジを利かせられる点です。

現在では数多くのトレーダーが海外FX会社を利用していて、国内では不可能なレバレッジで取引できるところに惹かれています。

そもそも、FXで使われるレバレッジがどのような仕組みなのか簡単にまとめてみました。

  • FXの取引は担保となる手元の資金(取引保証金)に数倍のレバレッジをかけて取引できる
  • 10万円の資金しかなくても10倍のレバレッジであれば100万円の取引ができる
  • 少ない元手で大きな金額の取引が可能

日本のFX会社の場合はレバレッジ規制が入っているため、25倍までしかかけることができません。

一方で海外FX会社では日本の法律が適用されず、1,000倍近くのレバレッジで取引ができるのです。

  • 400倍
  • 500倍
  • 888倍
  • 1,000倍

上記のように業者によって設定されている倍率には違いがあれど、ハイリスクハイリターンのトレードができるのがメリットなのはお分かり頂けるでしょう。

例えば、ポンド/円で10万通貨(10枚)のFX取引を行うに当たり、レバレッジによってどの程度の金額の証拠金が必要なのかまとめてみました。

25倍⇒649,000円
50倍⇒324,500円
100倍⇒162,250円
200倍⇒81,130円
500倍⇒32,450円
1,000倍⇒16,230円

国内FX会社では60万円以上の証拠金が必要なのに対して、海外FX会社ではもっと少ない資金でトレードできます。

海外FX会社の中でも評判の高いXMでは、1倍から888倍まで柔軟なレバレッジ率に対応しているのが特徴です。

英語を知らなくても日本人スタッフへと対応してもらえますので、FXを始めようと考えている方はXMで口座開設をしてみてください。

XMの公式ページはこちら

FX取引における透明性が高い

海外のFX会社と国内のFX会社を比べてみて、前者の方がFX取引における透明性が高くなっています。

化粧品やサプリメントを購入するに当たり、以下のようにイメージしている方は少なくありません。

国産の製品⇒国内の工場で作られていて安全性が高い
外国産の製品⇒日本人の体質を考慮していないから危険性が高い

しかし、FX取引の場合は該当せず、以下のように取引のやり方に大きな違いがあるのが理由です。

国内FX会社:トレーダーの注文通りの通貨の売買をせずに、ノミ屋のような取引を行う店頭取引(OTC取引)
海外FX会社:トレーダーの注文通りに通貨の売買を行う電子取引所取引(ECN取引)

国内FX会社では取引しているトレーダーが負ければ負けるほど儲かる仕組みとなっていて、ストップ狩りや故意のスリッページなど独自のプラットフォームで負けさせる行為が行われている可能性もあります。

一方で海外FX会社はトレーダーの注文に合わせてきちんと売買してくれますし、「トレーダーが儲かって取引量が増えれば増えるほど仲介手数料で利益が出る」と透明性の高いシステムを採用しているのがメリットです。

もちろん、国内のサービスの危険性が高いとは一概には言えないものの、透明性で比較するのであれば海外FX会社の方が遥かに安心できるでしょう。

追証無しのゼロカット制度が採用されている

追証無しのゼロカット制度が採用されているのも、海外FX会社を利用して取引を行うメリットです。

以前は国内FX会社でも100倍を超えるレバレッジで取引ができましたが、現在では規制が入って不可能となり、それは「追証=追加証拠金」と呼ばれる制度に原因があります。

  1. 急激な為替の変動が起こるとブローカー側での強制ロスカットが間に合わない
  2. ロスカットとは含み損が大きくなりすぎた際に強制的に決済を行うことを指す
  3. 証拠金残高がマイナスになった場合はトレーダーに追証が発生する
  4. 追証は言わば借金のようなもので、必ず支払わなければならない
  5. 返済できない追証が発生しても、免責不許可事由に該当すれば自己破産ができない

こういった背景により、25倍というレバレッジ規制を設けるようになりました。

しかし、海外FX会社では入金額以上の損失は発生しないゼロカット制度が採用されていて、急激な為替変動が起こったとしても追証は発生しません。

「ロスカットが間に合わなくて口座の残高がマイナスになってしまった・・・」という事態はあり得ず、借金を抱えずに済む安心感があるのです。

ゼロカット制度は追証ゼロサービスとも呼ばれており、リスクが証拠金の範囲に限定されるのは大きなメリットだと言えます。

豊富なボーナスシステムとキャンペーンが実施されている

国内FX会社とは異なり、海外FX会社では豊富なボーナスシステムやキャンペーンが実施されています。

ブローカーによって違いがありますが、具体的なサービスやキャンペーンの内容を幾つか見ていきましょう。

  • 初回に入金したお金以上に証拠金が増える特典がある
  • 毎回の入金の際にボーナスが適用される
  • 口座開設をするだけで一定金額がキャッシュバックされる

トレーダーの取引量が増えれば増えるほど儲かるシステムを海外FX会社では採用しているからこそ、国内FX会社を凌駕する高額なボーナス入金が可能です。

上記で紹介したXMでは、3,000円口座開設ボーナスと入金ボーナスが用意されています。

ハイレバレッジで取引できる海外FXにおいて証拠金が増えるのは非常にありがたく、詳細はXMの公式サイトで確認してみてください。

XMの公式ページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする