妊娠判明前に飲んだお酒って本当に赤ちゃんに影響ないの?

妊娠に気付いてから胎児性アルコール症候群というものを知る人は多いのではないだろうか。妊娠に気付いてから、「飲酒してしまった」という思い悩む。それに対する回答で多いのは「妊娠に気付くまでは飲酒しても大丈夫」である。本当だろうか?

調査結果

妊娠超初期のアルコールが赤ちゃんに影響することは、まずないと言われています

出典:妊娠2ヶ月/妊娠についての不安

色々なところを読むと妊娠超初期は大丈夫と書いてある。妊娠超初期とは0〜3週。この妊娠超初期の飲酒が心配する必要がないのは分かった。しかし、0〜3週に妊娠に気づく人はまずいないのではないか。

生理予定日を過ぎてから妊娠に気づく人の方が多いと思う。生理予定日は妊娠週数の数え方でいうと4週目になる。気になるのは妊娠4週目や5週目に飲酒してしまった場合のリスクだ。

着床が完成して妊娠が判明しはじめる生理予定日ごろまでの薬物成分は原則として胎児の催奇性には影響ない

出典:胎児性アルコール症候群 – Wikipedia

とされている。妊娠が判明しはじめる生理予定日ごろとは4週目の最初。それ以降は胎児の催奇性には影響あるということ。妊娠4週目以降の飲酒は影響を与える可能性があるということだろう。

妊娠4~7週末(29~50日)
この時期は、胎児の中枢神経、心臓、消化器、四肢など重要な臓器がつくられている。催奇形という意味では胎児が最も敏感な絶対過敏期である。

出典:知識の宝庫第26章

生理予定日1日目から絶対過敏期となっている。お酒だけでなく、薬も気をつけなければならない。これも、妊娠に気づく前に薬を飲んでしまう人は多そうだ。

妊娠3週には脳の形成が始まっている。

出典:FAS(胎児性アルコール症候群)のページ

4週目以降だけでなく、妊娠超初期でも飲酒による影響のリスクはあるということだろうか。

妊娠7週から12週での飲酒、特に大量の飲酒が、FASの子どもに典型的な顔面風貌の特徴4項目や、出生時の低身長および低体重との関連を明確に示した

出典:妊娠中の飲酒、第7~12週目でFASリスク高まる 米研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

やっと出てきた少し安心できる情報だ。
妊娠がわかる時期は4週から6週ぐらいなので、それからお酒を飲まなければ可能性は低くなる。あくまで可能性の問題だが、「妊娠に気付くまでは飲酒しても大丈夫」と言われるのはこの辺が理由だろうか。

たまにコップ1~2杯飲むのは問題はないとされています。

出典:妊娠1ヶ月(妊娠0週~3週)/日常生活

少しだけなら問題ないという意見もみられる。しかし、実際には少量でも影響した例があるようで、少しだけなら大丈夫とはいえないはずである。コップ1~2杯でも、絶対に妊娠中は飲むのは控えて欲しい。

「これ以下の飲酒量であれば胎児に影響がない」という安全量は確立されていない

出典:飲酒、喫煙と先天異常

やはり、妊娠中は断酒が原則だろう。

実際には胎盤が作られ、胎児へ栄養などが送られ始めるのは妊娠4ヶ月ごろから

出典:妊娠前の飲酒・・・。赤ちゃんに影響は? -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート

これを理由に、それ以前なら飲んでも大丈夫と考えてしまう人がいるようだ。だが実際は第7~12週目の飲酒が一番リスクが高い。これは、妊娠初期に飲んでしまった人を安心させるための言葉だろう。

まとめ

残念ながら、妊娠4週目5週目の時に飲酒しても大丈夫という確証を得ることは出来なかった。

飲んでしまったものはしかたがない。もう取り戻せない。妊婦に不安感をあたえてはいけない。第7~12週目に飲まなければ極めて可能性は低い。と言った理由から、「妊娠発覚前の飲酒は問題ない」ということにしているのではないだろうか。

妊娠するつもりがある場合にはアルコールを控えたほうがいいのだろう。または、生理開始後10日間に限って飲むことにすれば胎児性アルコール症候群のリスクを0にできる。
参考:定本 育児の百科〈上〉5カ月まで (岩波文庫)

妊娠していると分からず飲んでしまっていた場合は、気付いてからはアルコールを控えること。いつまでも飲んでしまったアルコールのことを思い悩むよりも、栄養バランスなど今後のことを気をつけることの方が大事だ。第7~12週目に飲まなければ胎児性アルコール症候群になる可能性は低い。

ほとんどの人が、妊娠発覚前はそれまでと同じ生活を続けている。それで、元気な赤ちゃんを生んでいるのだから思い悩む必要はないと思う。

大切なこと

元気な子供を生むためにこれからできることもあります。葉酸サプリを取ることです。二分脊椎などの神経系の胎児疾患を予防する効果があるとして、厚生労働省が妊娠中や妊娠する可能性のある方は葉酸サプリを摂取することを推奨しています。過ぎてしまったことを悩むよりもこれからどうすれば元気な赤ちゃんが産めるか考えるべきです。

おすすめのDHAサプリを紹介します。

たくさんあるのですが、なぜこれを選んだかというと、葉酸だけでなくDHAも含まれているからです。DHAをたくさん取得した妊婦から生まれた子供は高IQになるという調査結果が出ています。【参考】https://kizuku.biz/baby/how-to-up-iq-of-baby

定期便で購入して習慣化したほうがいいと思います。もちろんドラッグストアでも葉酸サプリを購入できます。

以下にDHAサプリについての参考記事を紹介します。

DHAを含む葉酸サプリがおすすめの理由
DHAを含む葉酸サプリがおすすめの理由
ノコア葉酸サプリはAmazonや楽天で購入できる?公式サイトがおすすめの理由は?
ノコア葉酸サプリの飲み方や飲むタイミング
ノコア葉酸サプリの飲み方や飲むタイミングで押さえておきたいポイントについて
ノコア葉酸サプリの特徴やメリットまとめ!口コミや評判はどう?
ノコア葉酸サプリの特徴やメリットをまとめてみた 赤ちゃんの未来を考えて何か対策したいという妊娠中の女性には、葉酸サプリの摂取がおすすめです...

参考資料と関連記事

妊婦がアルコールを摂取すると、胎児・乳児に胎児性アルコール症候群という脳障害を引き起こす可能性がある。 妊婦の習慣的な飲酒が原因と思われてきたが、たった一杯のお酒で発症してしまったという例もあるようだ。 実際には可能性が低いので、妊娠していることが分かってから、飲んでしまったお酒で思い悩む必要はない。 妊娠7週から12...
高齢出産のリスクとして知られているのは、ダウン症の可能性が高くなることである。 しかし、このリスクは検査をすることで回避が出来る。 検査そのものは異論反論があるが、昨今の少子化社会と出産の高齢化傾向を考えると全否定はできない。 最近、もう一つのリスクについて言われるようになった。 出産時の母親の年齢が高くなるほど自閉症...
「早教育と天才」という本を読んだ。 家庭保育園などのような早期教育の原点となる本ということである。 幼児教育で天才をつくろうという本だ。 自分自身が読んだ感想としては、この本に書いてあることを実践すればある程度の子供にはなると思った。 ただし、実践するのは大変に根気のいる作業である。 この本の中では何人かの天才児につい...
これから生まれてくる赤ちゃんのIQを少しでも上げる方法
タイトルの通り、これから生まれてくる赤ちゃんのIQを少しでも高くする方法を調べてみた。「語りかける」とか「音楽を聞かせる」などの胎教...
子供の知能面での成長で一番大切な事は教育なのだろう。 しかし、生まれたばっかりの赤ちゃんに教育は無理だ。 教育以外の環境面で、IQへ僅かではあるが影響を与えることがある。 少しでも赤ちゃんのIQが上がるように、環境とIQとの関係について調べてみた。 母乳で育った子供は、少なくとも15歳まではややIQが高い傾向があるよう...
脳科学おばあちゃんこと久保田カヨ子さんをテレビで見てからすごい人だなと思った。 自分の息子の子育てを「実験」と言い切るような強いキャラクター。 歯に衣着せぬものいい。 年の割に若い言動。 息子を東大生に育て上げた。 脳科学者である東大教授のお墨付き。 このようにモリモリの設定であるため、自分の中で神格化されていった。 ...
母乳による授乳期間が長ければ長いほどIQが高くなるという話を聞いた。 本当なのだろうか?調べてみたところ、そのような調査結果は実際にあるようだ。 授乳期間が長くなるほどいずれの年齢においても児の知能アウトカムが向上する傾向が示唆されたが,母乳に限定した場合でより顕著であったという 出典:母乳による授乳期間が長いほど児の...
育児本の中で一番有名な本らしいので読んでみた。 読み物として面白く、ぐいぐい読み進むことが出来た。 活字に抵抗がない人は、他の写真が多い育児本よりもこの本がオススメである。 ただし、かなり前に書いた本らしいので現在の常識とは違ったことが書いてあるようだ。 普通に読んでいて、あれ?これ本当かな?と思った箇所を調べてみた。...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする